Happy Go Lucky

講師紹介

 

 

現役プロミュージシャンとして

活躍中の講師を紹介します。

宮下 智 (Bass)

 

satoshi miyashita

 東京都出身。武蔵野音楽学院卒業後、ベーシストとしてプロミュージシャン活動を開始する。4弦ジャズベースというスタイルであらゆるプレイスタイルを弾きこなすマルチな実力は、国内外から高い評価を受けている。これまでにEXILE、RIP SLYME、ゴスペラーズ、Misia、片瀬那奈、TRF、globe、V6、嵐、奥村愛子など、さまざまなアーティストのレコーディング・ライブを行い、音楽シーンに多大な影響を与えているベーシストの一人である。また最近では今井麻美、米倉千尋のレコーディング・ライブや教則本の執筆など幅広く活動している。

 

 

 

 

《レコーディング参加作品》


 

◆ Single 作品 ◆

今井麻美      『漆黒のサステイン』
          『星屑のリング』OVA「コープスパーティーTS」OPテーマ
          『Dear Darling』
          『Hasta La Vista』 cw.ガーベラ~今年の花
          『花の咲く場所』 cw.Promised Land / シャングリラ
          『遠雷』 cw.想いの羽根~Angelic White~

EXILE       『EXIT』
諫山実生      『サハラの誘惑』
清貴        『Just for you…』
EXILE       『Together』
片瀬那奈      『Babe』
嵐         『コイゴコロ』「とまどいながら」 C/W
CORE OF SOUL  『ふるさとは心の中に』「花環」 C/W
島谷ひとみ     『いつの日にか・・・』
V6        『one』
keyco       『晴れ』

          『a love song』

          『祈り』
MIO        『Spread』

 

◆ Album 作品 ◆

 

今井麻美     『little legacy』アコースティックアルバム
         『この雲の果て』
         『Precious Sounds』通常盤(ライブ音源CD付)
         『Aroma of happiness』
         『COLOR SANCTUARY』
三浦大知     『D-ROCK with U』 track 11 「Stay」

黒沢薫      『Love Anthem』 track 4 「Love a flava」
ズボンドズボン  『扉』 track 1~9
鈴木雅之     『Ebony & Ivory』 track 5 「Ebony & Ivory」
奥村愛子     『蝶』 track 1 「蝶」
中川晃教     『himself』 
ゴスペラーズ   『Dressed up to the Nines』
國府田マリ子   『音いろえんぴつ ~十二色~』
V6         『∞ INFINITY ~LOVE&LIFE~』
SILVA      『愛のトリマー』 track 1 「君のために」
嵐        『HERE WE GO !』 track 7 「眠らないカラダ」
keyco      『keyco』
SURFACE     『ROOT』 track 4 「御褒美」
MIO        『REBIRTHDAY』
来生たかお     『Dear my company』
hitomi       『GO TO THE TOP』
trf        『dance to positive』

        『Brand New Tomorrow』
globe       『ひとりにしないで』

 

《ライブ参加アーティスト》


今井麻美、RIP SLYME、Ryu、Misia、本田美奈子. 、上戸彩、東山紀之、五輪真弓、shela、keyco、HIROMIK LADDER、MIO、高橋真梨子、川井郁子、tk-trap、しばたはつみ、南野陽子、Ruppina・・その他多数

 

◆ Live DVD ◆

 

今井麻美    『今井麻美バースデーライブ2011 BD/DVD』
RIP SLYME  『RIP SLYME ROUGH-CUT FIVE』
上戸彩     『FIRST LIVE TOUR Pureness 2003』
小室哲哉    『tk-trap Live』

 

◆ 執筆記事 ◆


『月刊ベースマガジン』 (株式会社リットーミュージック)


1998年7月号特集     『ここ一発のフィルイン』
1999年10月号特集    『ジャコの3大名曲を弾こう!!』
2000年1月号特集     『リズム弱点克服マニュアル』
2000年2月号より     『運指仙人』連載開始
2001年4月号特集    『運指の覇者 ~運指仙人パワード~ 』
2001年8月号より     『古典伯爵』連載開始
2002年3月号より     『リズム・ボンバイエ』連載開始
2002年9月号特集     『夏の終わりの集中練習』
2003年10月号特集    『徹底解析 ! マーカス奏法』
2004年3月号特集     『癒しの運指』
2004年7月号特集     『一枚上手の和音奏法』
2005年7月号       『BM CHALLENGE SCORE』
2006年4月号 奏法特集  『クラシック・ベースのしらべ』

2006年6月号       『JAZZベースの処方せん』

                webでお手本を聴くことが出来ます。

                → click here ! !


◆ テレビ出演 ◆


CX系  『MUSIC FAIR 21』

     『HEY ! HEY ! HEY ! MUSIC CHAMP』

     『TK MUSIC CLAMP』
NTV系  『ミュージック ステーション』

NHK   『ポップジャム』 等多数

 

 

 

鈴木 達也 (Drum)

 

tatsuya suzuki

 幼少の頃からクラシックピアノを習い、大学在学中にドラムにも興味を持ち始め、本格的に取り組む。大学の航空宇宙学科に入学するが、どうしても音楽に対する思いを諦める事ができず、ヤマハ音楽院に入学しドラムを習い始める。在学中に数々のオーディションに合格し、プロドラマーとしての活動をスタートさせる。以後、キリンジ・GakuMC・遊佐未森・マリーンなど、数多くのアーティストのライブサポート・レコーディングに参加している。その他、TV番組タイトル曲、アニメのサウンドトラックなど作曲や編曲をはじめとして、数百曲を手がけている。

 

 

《ライブ参加アーティスト》

 

 

米倉千尋・Marble・村上てつや・ゴスペラーズ・キリンジ・パリスマッチ・BabyBoo・ 林田健司・西村由紀江・マリーン・日野皓正・財津和夫・リリコ・ Zooco・ 橋本みゆき アカペラーズ・遊佐未森・東山紀之・ 田原俊彦・中村あゆみ・馬場俊英・しらさやえみ・シェラ・MIO・GAKU-MC・本田美奈子・WINK・渡辺満里奈・酒井ミキオ・熊谷幸子・シャムロック・東野純直

他多数......

 

 

 

松本 健一 (Bass)

 

kenichi matsumoto

 『ロードオブメジャー』のベーシストとして活躍。そのプレイスタイルは日本の音楽シーンに新風を巻き起こし、 若い世代のミュージシャンに今も多大な影響を与えている。 シングル「大切なもの」がオリコンで90万枚を売り上げ、オリコンチャート2位になるなど、輝かしい足跡を残す。 演奏はもちろんの事、その熱い気持ちを前面に押し出したライブパフォーマンスは見る者を圧倒するパワーを持っている。 バンドとして、10枚のシングルと4枚のアルバムを出している。 そして現在は、新しく結成したバンド『TAROCK』のベーシストとして活動中。

 

 

 

鈴木 栄治 (Bass)

 

eiji suzuki

 DachamboはGrateful Deadのスタイルを継承した、国内 唯一の純血ジャムバンドである。 セットリストを決めず、あらゆるジャンルの音楽を包括し たセッションを軸に演奏を繰り広げている。 FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVALなどを初め国内フェスを総ナメにしており、近年はヘッドライナーに抜擢されることも多く、海外のフェ スからもオファーが殺到中である。また、HIPHOPやJAZZシーンとも繋がりがあり、近年、勢いがあるウエッサイ系アーティスト(DJ☆GO、HOKT、N.C.B.B)のレコーディング、LIVEサポートも行っている。 そのプレイヤーとしての技術や引き出しの多さは勿論、サウンドをリードするコンダクターの要素を兼ね備えた、若い世代のミュージシャンから支持されるmusician's musicianである。

 

 

白川 玄大 (Drum)

 

genta shirakawa

 すべてのジャンルに精通し、独自の世界観でそのスタイルを確立して、数多くのセッションや実力派ミュージシャンと経験を重ね、 その質の高いドラミングで注目を浴びている若手No.1ドラマー。最近では今井麻美や遊介のレコーディングやライブなどを行い、活動の幅を広げている。また後進の指導にも積極的で頼りになる兄貴的存在でもある。

中村 天佑 (Guitar)

 

tenyu nakamura

 洗足学園音楽大学卒業。在学中、第35回・36回山野BIG BAND JAZZ CONTESTに出場しに最優秀賞を受賞。 また第26回浅草JAZZコンテストでもグランプリを受賞するなど『コンテスト荒らし』の異名を持つほどの実力派ギタリスト。 超早弾きからジャズのアプローチまで、全てのギタースタイルに対応するテクニックは海外からも注目されている。 最近では今井麻美のライブサポートやゲームミュージックの制作、イタリアのヘビーメタルバンドのプロデュースも行うなど、活動は多岐にわたる。

杉 直樹 (Piano)

 

naoki sugi

 札幌出身、A型。4歳からエレクトーンを習い、十代からキーボーディストとして頭角を表す。高校卒業後に上京し、本格的に音楽活動を開始。ジャズからロックまで幅広くカバーするテクニックとセンスを持ち、順応性に優れている。2010年からセッションミュージシャン・サポートミュージシャン としてのプロ活動を開始し、杉ちゃんの愛称で親しまれている。



《ライブ・レコーディング参加作品》


◇2010年  ドラマ『モテキ』サントラ
◇2011年  円道一成、佐伯ユースケ、『jazz funk session standard score』
◇2012年  Paris match、円道一成、中澤ノブヨシ、澤田かおり
◇2013年、2014年 Paris match、加藤ミリヤ、清水翔太、福原美穂、BENI、GENERATIONS、堂珍嘉邦、Full Of Harmony、Ms.ooja、近藤晃央、SKY-HI、ドラマ『めしばな刑事タチバナ』サントラ、今井麻美、原由実、他多数。





 

Copyright (c) Happy Go  Lucky. All Rights Reserved.